Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

ツィツェルナカベルトには、アルメニア人大虐殺の記念碑があり、アルメニア人虐殺の犠牲者を追悼するために、アルメニアを見渡すことができる丘の上に建てられました。

毎年4月24日に、、1915年にオスマン帝国によって行われたアルメニア人虐殺の犠牲者を追悼するために、数十万人の人たちがここに集まります。また著名な政治家、芸術家、音楽家、スポーツ選手、宗教家なども訪れます。

記念碑の地下には、ライブラリ・アーカイブセクションのある虐殺博物館があり、また、犠牲者の悲劇の記憶を永続的に残すために円形構造の中心には炎が焚かれています。

この記念碑は1966年に建設が始まり、1967年11月29日に開会式が行われました。建築家・タルハンヤンとカラシアンによって設計されました。