Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

マテナダランは、アルメニア共和国エレバンに在る世界有数の古文書館であり、メスロプ・マシュトツ研究所のことを一般的に「マテナダラン」と呼ばれています。

メスロプ・マシュトツはアルメニア語の発明者で、405年にサハク・パルテヴと共にヴァガルシャパト(アルメニアの古代都市のひとつ)に、マテナダランを設立し、1939年にエレバンに移設され、現在の建物は、1959年にマーク・グリゴリアンによって設計されました。

博物館には、アラビア語、ペルシア語、ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語、ポーランドで・古典古典スラブ語などで書かれた、歴史、哲学、医療、文学、芸術史、宇宙論など、17,000以上の原稿、 450,000冊の文書、 3000冊の古代本が保管されています。

http://www.matenadaran.am