Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

ノラヴァンク修道院は、1105年にホヴハンネス司教によって建造されました。その後、13世紀〜14世紀にオルベリアンス家の支援によって再建されました。

ノラヴァンク修道院の複合体は、聖カラペト教会、聖グリゴル教会、聖アストゥサツィン教会と前庭からなります。

複合体の主な教会の聖カラペト教会は、1216-1223年に建造されました。教会への唯一の入り口は、西側にあり、1321年の地震の被害にあいましたが、後に建築家モミックによって再建され、1949年に屋根と壁の部分が復旧され、1998年後半には完全に復旧しました。

聖カラペト教会の北に位置する壁に沿って、聖グリゴル教会とサンバト王子の霊廟がたれられています。

この修道院で最も有名なのは、2階建ての構造の霊廟からなる聖アストゥサツィン教会です。ブルテル・オルベルヤン王子によって資金調達されて建てられたこの教会は、敬意を評して、「ブルテラシェン」とも呼ばれています。