Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK
ツァガツカル修道院

ツァガツカル修道院

ツァガツカル修道院の建築の複合体は、10世紀に建てられました。 それはヴァヨツ・ゾルに位置し、イェゲギスの村から6キロに位置しています。それはサマバタベルドから徒歩圏内にあります。 ツァガツカル修道院には、2つの教会があります。 西部のホヴァンネスと聖カラペト教会は大きなドームとアーチ型の天井からなります。修道院の周りには、多数の石の十字架があります。 ...
イェゲギス

イェゲギス

イェゲギスの村はエレバンから135キロの位置にあるイェグナゾルの町から約18キロの北東に位置します。 丘の中腹に位置し、海抜1640メートルの高さにあり、気候は冬は寒く夏は暑い亜熱帯気候です。 イェゲギスの周辺には数々の修道院、教会、十字架の他に、自然にも恵まれた、歴史的にも文化的にも地のある、素晴らしい景色があります。 ...
サマバタベルド

サマバタベルド

サマバタベルドは5世紀に建てられ、9世紀から10世紀にわたって増築されたとされています。 急な崖の尾根に沿って建てられ、非常に大規模な城壁と等があり、比較的良好な状態で残っています。 ...
スレマ・キャラバンサライ

スレマ・キャラバンサライ

スレマ・キャラバンサライはセリム・キャラバンサライ、オルベリアン・キャラバンサライという名前でも知られており、ヴァヨツ・ゾル地方にあるキャラバンサライです。 このキャラバンサライはヴァヨツ・ゾル山を行き来する商隊や旅行者や、彼らの移動手段につかわれていた動物を収容するため、1332年にチェサル・オルベリアン王子によって、ヴァルデニャツ峠に沿って建てられました。海抜2410メートルの高さにあり、ヴァルデニャツ峠の南側に位置します。このキャラバンサライは保存状態もとても良いです。 ...
ノラヴァンク修道院

ノラヴァンク修道院

ノラヴァンク修道院は、1105年にホヴハンネス司教によって建造されました。その後、13世紀〜14世紀にオルベリアンス家の支援によって再建されました。 ノラヴァンク修道院の複合体は、聖カラペト教会、聖グリゴル教会、聖アストゥサツィン教会と前庭からなります。 複合体の主な教会の聖カラペト教会は、1216-1223年に建造されました。教会への唯一の入り口は、西側にあり、1321年の地震の被害にあいましたが、後に建築家モミックによって再建され、1949年に屋根と壁の部分が復旧され、1998年...