Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

タテブ修道院のはじめの教会は4世紀に建てられました。その後、ポゴスーペトロス聖堂はホヴハンエス司教によって、895年から960年にかけて建てられ、1087年に聖アストゥヴァトサジン教会が建てられました。

この複合体は大規模な図書館がありましたが、1170年におけるセルジューク朝の侵攻時に焼かれてしまいました。

グリゴル・タテヴァツィ廟は18世紀に複合体に追加されました。

タテブ修道院は1931年の地震によって被害を受けましたが、1990年台に復元されました。