Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

アレクサンダル・スペンディアリャン博物館は、作曲のアレクサンダル・スペンディアリャンが人生の最後に過ごした自宅で、1967年に博物館として開館しました。

博物館は3つの展示ホールで構成されており、一つ目の部屋には彼の私物が、二つ目の部屋にはオペラに関するものが、三つ目の部屋には作曲部屋になっています。

現在までに1340点ほどのコレクションが所蔵されており、80点ほどのコレクションが常時展示されています。