Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK

2000年にユネスコの世界遺産に登録されたエチミアジン大聖堂は、世界最古の教会です。このエチミアジン大聖堂は、啓蒙者グレゴリオスによって301年から303年にかけてアーチ型のものが建てられました。

庭園には十字石や博物館が建設され、アルメニア教会に関連するコレクションがあり、イエス・キリストを処刑したときに使われたという、ロンギヌスの槍もこの博物館に保管されています。