Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK
エチミアジン・カテドラル

エチミアジン・カテドラル

2000年にユネスコの世界遺産に登録されたエチミアジン大聖堂は、世界最古の教会です。このエチミアジン大聖堂は、啓蒙者グレゴリオスによって301年から303年にかけてアーチ型のものが建てられました。 庭園には十字石や博物館が建設され、アルメニア教会に関連するコレクションがあり、イエス・キリストを処刑したときに使われたという、ロンギヌスの槍もこの博物館に保管されています。 ...
ズヴァルトノツ・カテドラル

ズヴァルトノツ・カテドラル

ズヴァルトノツ遺跡はカトリコス・ネルセス3世によって、7世紀ころに建造されました。しかし、10世紀に地震によって崩壊してしまい、20世紀ころまで地中に埋もれており、未発見のままでした。 ...
聖ガヤネ教会

聖ガヤネ教会

世界遺産に登録されている聖ガヤネ教会はアルメニア国内の宗教の中心的な教会で、エチミアジン内にあります。 301年に殉教した聖ガヤネが祀られています。
聖フリプシメ教会

聖フリプシメ教会

聖フリプシメ教会はアルメニアにある教会の中でも最古の教会のひとつである。 618年にカトリコスによって、4世紀に聖フリプシメに建てられた墓の代わりに聖フリプシメ教会が建てられました。 ...