Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on VK
アパラン

アパラン

アパランはアラガツォトゥン地方にあり、エレバンから42キロ北に位置しています アパランの名称はアルメニア語の「アパランク(王宮)」から由来されていると考えられています。 アパランは1935年までバッシュ・アパランとして知られていました。 乳製品やカーペットなどの生産地として有名です。 毎年5月28日に戦勝記念日が祝われています。 年間降水量は450〜600ミリメートルです。 ...
サグモサヴァンク

サグモサヴァンク

サグモサヴァンクは、13世紀のアルメニア修道院の複合体で、アラガツォスのサグモサヴァンの村にあります。 2つの教会と本貯蔵書と素晴らしい十字架の石碑があり、ここから開かれたアラガツ山の美しい風景を望むことができます。 ...
アムベルド

アムベルド

アムベルドは、12世紀に、パフラブニ・ファミリーによって建造されました。 砦都市は、海抜2300メートルの三角岬にあります。1026年に建設され、現在でも良好な状態で保存されています。 ...
アルチ寺院

アルチ寺院

アルチ寺院は、アラガツォトゥン地方のタリシュ村にある寺院で、660年ころにアルメニア貴族のグリゴル・マミコニャンによって建てられました。 ドーム形状の屋根と石彫の装飾、広々とした室内が特徴です。イエス・キリストと使徒が描かれた17世紀の壁画の断片があります。 ...
カルムラヴォル教会

カルムラヴォル教会

カルムラヴォル教会はアシュタラクの町にあり、司祭グレゴリーとマナスによって7世紀に建造されました。 アルメニアでは、屋根ふきをもつ唯一の教会です。多くの素晴らしい十字架の石碑に囲まれています。 ...